とくしまファンクラブ
ご質問はこちらからどうぞ
みなさんからの質問にファンクラブ編集室ができる限りお答えしちゃうコーナーです。徳島に足を運ぶ前に、気軽に質問&チェックしてくださいね。



Q.阿波踊りを見たいのですが、4つの有料演舞場のどこが一番お勧めですか?(質問者: クッキー

A.徳島市の阿波踊りは毎年8月12日〜15日に開催されます。有料演舞場は4箇所あり,それぞれ特徴がありますので,演舞場の大きさや近隣の施設等のお好みに合わせて選んでくださいね。
◆市役所前演舞場
初日の12日には大規模な開幕式が行われます。選抜阿波おどり会場の一つである徳島市立文化センターにも近くて便利です。全長110m、駅から徒歩10分。
◆藍場浜演舞場
新町川沿いの藍場浜公園内に設置されます。JR徳島駅、バスターミナルから最も近く、数多くの露店も出店します。全長122m、駅から徒歩5分。
◆紺屋町演舞場
商店街と歓楽街に隣接された演舞場です。名物「阿波おどりからくり時計」が目印です。全長100m、駅から徒歩15分。
◆南内町演舞場
連日午後10時からの有名連による合同フィナーレでは、本場阿波おどりの醍醐味が満喫できます。全長122m、駅から徒歩12分。

また,有料演舞場のチケット購入方法については徳島市観光協会HPをご覧ください。
●「徳島市観光協会」のHPはこちら


Q.文化の森ってどこにあるんですか?子供もいるんですけど、遊ぶところはあるんでしょうか。(質問者: なりこ )

A.徳島市の中心部から南へ約5km、園瀬川を見下ろす緑豊かな丘陵地に、自然と文化が調和した「文化の森総合公園」はあります。図書館、博物館、近代美術館、21世紀館などが集まった複合型の公共施設で、アスレチックや滑り台など、子供が元気に遊べる遊具も充実してます。家族揃ってぜひ足を運んでみてくださいね。詳しくはホームページをアクセスしてください。
●「文化の森総合公園」のHPはこちら


Q.美濃田の淵について詳しく教えてください。今度の休みに行くつもりです。(質問者: 徳島ファン )

A. 徳島県の天然記念物に指定されている名勝「美濃田の淵」。長さ2キロメートル、幅100メートルにわたる深い淵で、吉野川中流域にある景勝地です。川の中には、「獅子岩」「鯉釣岩」「千畳敷」などの個性的な巨岩があり、夕陽に照らされた姿は、優雅で美しく訪れた人々の目を楽しませてくれます。なお、遊覧船は3月から11月までの運行となっております。また、吉野川サービスエリアに隣接して整備されている「吉野川ハイウェイオアシス」では、地元の特産品を購入したり、お風呂でくつろぐこともできますよ。


Q.日和佐の海岸でうみがめの産卵が見られると聞いたんですが、いつでも見ることができますか。(質問者: かめはめ波 )

A.産卵時期は5月中旬から8月上旬なので、今の時期は残念ながら見ることができません。しかし、うみがめ博物館 「カレッタ」では子どもから大人までのうみがめを飼育しており、成長の様子を見学することができます。その他にも、うみがめクイズや、ハイビションシアター映像による紹介をしており、わかりやすく学べるようになっています。1日館内で楽しんだら、立派なウミガメ博士になれるかも。詳しくはホームページをご覧下さい。
●うみがめ博物館 「カレッタ」 のHPはこちら


Q.2月に徳島に遊びに行こうと考えているんですけど、何かおすすめのイベントってありません?できれば土日でお願いします。(質問者: グリーン

A.とくしまファンクラブホームページから登録できる無料メールマガジン「ファンファンとくしま」にぜひご登録ください。毎月末に最新の観光情報をピックアップして配信しているので、きっとお出かけが楽しくなるはず。2月も徳島は魅力あふれるイベントが盛りだくさんですよ。また、徳島観光情報提供システム「阿波ナビ」でも観光情報をご覧いただけますのでご利用下さい。
●阿波ナビはこちら


Q.徳島初心者です。高松から徳島の渦潮を見に車で行こうと思ってます。 日帰りで行こうと考えてます。可能でしょうか? どんなルートがありますか?(質問者: みんみん

A.渦潮は大鳴門橋に設置された遊歩道「渦の道」や観潮船で見ることができ、日帰りも十分可能ですよ。一般道を利用するなら海沿いを走る国道11号がいいと思いますが、高速道路を利用すると時間が短縮できます。高松自動車道に入って「鳴門北IC」で降り、左折して鳴門公園方面へ約10分〜15分ほどです。また、公共交通機関利用ですとJR鳴門駅から鳴門公園行きバスで約20分になります。詳しい場所は各ホームページをご覧ください。
●「渦の道」のHPはこちら
●「うずしお汽船」のHPはこちら
●「鳴門観光汽船」のHPはこちら


Q.徳島で藍染めを体験できるって聞いたんですけど、どこでできるんですか?(質問者: とくちゃん )

A.天然すくもを使用した絞り染めや、ローケツ染めなどの藍染め体験ができる「徳島工芸村」など、いくつかの施設があります。最近では、藍染め独特の色が人気を呼び、若者の洋服ブランドなどにも使われるようになりました。藍の産地として全国的に知られている徳島で、世界に1つしかない自分の作品を作りにきてくださいね。
●藍の館のHPはこちら


Q.小さい子供のいる家族づれが、 楽しめるトコってありますか?(質問者: キムタクと同い年の男 )

A.徳島自動車道藍住ICから車で15分の位置にある「あすたむらんど徳島」などはいかがでしょうか?科学の不思議を体験できる「子供科学館」と、元気に遊べる屋外施設を中心とした大型公園です。綺麗な星空を見ることのできる「プラネタリウム」や,徳島の自然風景をイメージした空間を小舟に乗って遊ぶ「吉野川めぐり」など、親子で楽しめるアトラクションがたくさんあります。詳しくはホームページにアクセスしてください。
●「あすたむらんど徳島」のHPはこちら


Q.鳴門の渦はどこで見るのが迫力がありますか。夜もみれるのでしょうか。(質問者: つるりん )

A.大鳴門橋に設置された遊歩道「渦の道」から見る渦も迫力がありますが、観潮船で渦を真横から見るのも迫力がありますよ。残念ながら夜に渦を見ることはできませんので閉館時間や乗船時間についてはホームページをチェックしてくださいね。
●「渦の道」のページはこちら
●「うずしお汽船」のHPはこちら
●「鳴門観光汽船」のHPはこちら


Q.「渦の道」が面白いって聞きました。どんな感じか知りたいです。(質問者: ウズウズ )

A.大鳴門橋の橋桁空間(つまり橋の下)に設置された遊歩道、それが「渦の道」です。約450m先の展望室まで、海上散歩を楽しむことができます。壁面は網やガラス張りになっていてスリル満点!床下にも眺望ガラス床がはめこまれているため、約45mの高さから鳴門の渦潮を見ることができます。 家族で楽しめるおすすめスポットですが、高所恐怖症の人はご用心?
●「渦の道」のページはこちら


戻る次へ